一人親方 労災保険 特別加入

一人親方の労災保険の特別加入

建設業は危険な作業が有る為、建設現場で働く会社や事業所には事故や災害に遭った時に保障が有る労災保険の加入を義務付けています。

 

それで現場で事故や災害に遭った現場作業員は、労災として労災保険から保険給付が受けられるようになっています。しかし、個人経営の場合は労災保険は加入していません。

 

それで個人経営の一人親方で建設現場で労働作業をする人は現場で事故や災害に遭っても、保険には加入をしていないので、労災として保険が下りないことになります。建設現場で負傷または死亡しても何も保証されないということです。

 

建設業界では、一人親方に労災保険が適用されないことを問題視して、一人親方に労災保険組合に特別加入を義務づけることにして、労災が遭った場合の保障を確保することにしました。それで労災保険に特別加入していない一人親方は建設現場には入れないようにしています。

 

未加入で作業をさせた場合は法律で罰せられることになっています。そして建設現場に入る際は特別加入をしているかの証明書の提出を義務付けています。

 

今ではどの建設現場も保険に入っていない一人親方の現場での作業を禁止しています。だから保険料を払いたくないという理由で、特別加入をしていない一人親方の人は建設現場で働くことは出来ません。

 

一人親方として建設現場で働く場合は、労災保険に特別加入をして保険による保障を受けられる状態にする必要が有ります。